続 スパイダーマン/デッドプール:デップーが多すぎる

9784796877558

2,268円(内税)

現在と未来……二つの時間軸で奴らが暴走するッ!!

老いたコンビも若きコンビもみな一緒!
前作で復活したパーカー翁とウィルソン翁のコンビも大活躍!?

現在を生きる若きスパイダーマンとデッドプールの二人は、デッドプールのドッペルゲンガーに悩まされていた。未来においても、パーカー翁とウィルソン翁の老人コンビが別のトラブルに遭遇していた。彼らが交わることは決してなかったのだが、クローンプールが原因で現在と未来の二つの時間軸が交差し、邂逅してしまう。そもそもクローンプールとはいったい誰なのか? その正体とは? どこからやって来たのか? 謎は深まるばかりだ……。冗舌な二人の若きヒーローたちが偽プール軍団と戦う一方、気難しい二人の老ヒーローは、若い頃に犯した過ちに向き合っていた。翁たちは過ちを正すことができるのだろうか?

【目次・収録作品】
『スパイダーマン/デッドプール』#29-33

●ロビー・トンプソン[作]…ライター、脚本家、プロデューサー。テレビドラマの脚本家・プロデューサーとして、『スーパーナチュラル』『ヒューマン・ターゲット』『ザ・ケープ 漆黒のヒーロー』などを手がけた。コミックライターとしては、『スパイディ:ファースト・デイ』『スパイディ:アフタースクール・スペシャル』のほか、『シルク』『ヴェノム:スペース・ナイト』『ドクター・ストレンジ&ソーサラーズ・シュプリーム』といったマーベル・コミックス作品を手がけている。
●スコット・ヘップバーン[画]…ペンシラー、インカー、アーティスト。DCでは『フォーエバー・イービル:ローグズ・リベリオン』や『ティーン・タイタンズ』のほか、『フラッシュ:邪悪なる閃光(THE NEW 52!)』などを手がけ、マーベルでは本シリーズのほかに、『デッドプール』『ノバ』『パワーマン&アイアン・フィスト』などを担当した。

作 ロビー・トンプソン
画 スコット・ヘップバーン、エルモ・ボンドック、マット・ホラク、フラビアノ
訳者 高木 亮
仕様 B5判変・並製・112頁・本文4C
発売予定日 2019年2月21日

(C) 2019 MARVEL

イメージはありません。