モンストレス vol.3:HAVEN

9784416619476

2,700円(内税)

※こちらは書籍のみの予約ページです。サイン会への参加方法などの詳細はこちらの特設ページをご参照下さい。

日米の女性クリエイターたちが生み出した新次元ハイ・ファンタジーコミック『モンストレス』の第3巻が邦訳化!

愛くるしい猫や伝説上のモンスター・獣人など多彩なヴィジュアルが魅力の登場人物、アール・デコとスチームパンクが織り混ざる独特の世界観
マージョリー・リュウとサナ・タケダは、人種差別や女性問題といった複雑なテーマを扱いながらも、読者をひきつけてやまない想像力溢れるエンターテインメントを作り上げた。

2017年に英国幻想文学大賞(British Fantasy Award)のコミック/グラフィックノベル部門(comic / graphic novel)を、2017年、2018年にヒューゴー賞(The Hugo Awards)を2年連続での受賞。そして、2018年には“コミック界のアカデミー賞”と呼ばれるアイズナー賞(The Will Eisner Comic Industry Award)で5部門を受賞するなど、今最も注目のコミック作品!

マイカ・ハーフウルフは自らの過去の秘密を解き明かそうとし始める。しかし、現実では対処すべき問題が増えていくばかりだった。追跡者たちから逃れ、一時の休息を求めて、中立都市ポントゥスへと向かうマイカたちだったが、そこにも望むような平穏はなかった。人間とアーカニックの戦争の影が忍び寄るなか、力を持つ者たちがマイカの未来を支配すべく、そのチャンスを狙って襲いかかる。マイカは生き残るために、自分の中に棲むモンストラムであるジンと共に戦うが、それだけでは襲い来る恐怖に対して十分ではなかった。

(作)マージョリー・リュウ
弁護士であり『ニューヨーク・タイムス』のベストセラーリストに17を超える作品が入った人気小説家。コミックでは『X-23』『ブラック・ウィドウ』など。『アストニッシングX-MEN』で正確で包括的なLGBTの描写を行ったとしてGLAAD Media Awardにノミネート。MITでコミックのコースを教える。マサチューセッツ州ケンブリッジ在住。

(画)サナ・タケダ
イラストレーター、コミックアーティスト。新潟県出身、東京在住。ゲーム会社セガのキャラクターデザイナーを経て、フリーランスのイラストレーターとして活動。マーベルの『Ms.Marvel』『X-23』などを手掛ける。現在は『モンストレス』の連載を持ちながら、様々なプロジェクトを進行中。

(訳)椎名ゆかり
米国オハイオ州ボーリング・グリーン州立大学大学院ポピュラーカルチャー専攻修士課程修了。英語圏のコミック翻訳者、ライター。平成23 25年度、文化庁芸術文化課研究補佐員。訳書に『ファン・ホーム ある家族の悲喜劇 』『ブラック・ホール』『サーガ』『ザ・ボーイズ』他。東京藝術大学非常勤講師。

仕様 B5・168ページ
発売予定日 2019年2月20日頃入荷予定

イメージはありません。